スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台駅2階コンコース

立ちそば処 杜
あまから肉そば370円。食券制。

前日が1階の「萩」だったので、今回はおなじみのこちらに。
いつもの鶏から揚げそばでも良かったのですが、こちらはもう少しお腹が減った時の楽しみにします。

あまから肉そばを頼み、番号が呼ばれるのを待ちます。
こちら側のお店からだと、豪快にそばを茹でるところが見られないのが残念です。
DSC_3317.jpg

独特の甘い味つけの肉を一掴みし、そばと一緒にすすります。
脂の甘味とそばの味、そしてそばに絡んだつゆの味が一つにまとまり、適度なボリューム感もあって美味さが膨らみます。
1枚乗ったかまぼこが、適度な箸休めになって、味覚もリセットされます。

すっきりと上品なそばつゆに、脂の味が加わるだけで、これほど食べ応えが増すということを実感させてくれるメニューです。
そして、そばと肉がいかに合うかということも。

行くたびに、必ずディスプレイなどが変わっています。季節商品の開発も本当に熱心です。
DSC_3319.jpg

仙台駅1階

【そば・うどん萩(JR東日本東北総合サービス)】
萩のそば430円。食券制。

仙台駅と言えば、ついついおなじみの「杜」へ行ってしまうのですが、駅ビル「Dila仙台」1階のこちらも、以前より気になっていました。
こじゃれた外見のお店に入り、期待しつつ萩のそばを注文すると、「日本食堂」の文字が入った麺箱から箱麺を出してさっと湯がいてくれます。
DSC_3296.jpg

中身を見るとずいぶんと具だくさんで、めかぶ、たっぷりのきのこ、玉子、揚げかまぼこ2つ、ねぎとなっています。
揚げかまぼこは、見本のほど大きくはありませんが、それでも結構なボリュームです。
店名のおそばを一番豪華な内容にするパターンでしょうか。

具の多さに、一口一口色々な具と合わせながら食べていきます。
ゆっくり食べていると、それぞれの味が混ざってきて複雑な味になってくるのが面白いですね。

「杜」をライバルとして意識しているのか、メニューに“鶏唐揚そば”もあるようです。
そちらは次回の宿題にしておきます。

隣のおにぎり屋さんの「てまり」からテイクアウトができるそうです。
DSC_3287.jpg

岩見沢駅前

【立喰 小もろそば】
かけそば(350円)+やさいの天ぷら(150円)+半げそ(300円)

今月初旬の北海道新聞に「小もろ閉店」という衝撃的な記事が掲載されていました。
岩見沢駅前の再開発に関係した立退き要請を受け、後継者もいないことから閉店を決めたそうです。

あと何回食べられるかわからないので、さっそく時間を見つけて岩見沢へ。
いつもよりちょっと贅沢に、かけそば・やさいの天ぷら・げそ天丼の小(通称半げそ)を注文しました。
手慣れた熟練の動きで、あっという間に目の前に登場です。
DSC_3233.jpg

カラッと揚がった野菜天は一回麺つゆにくぐらせます。
もう一度温めることと、そばの上に置いた時にぐずぐずにならないようにすることと、何より味を馴染ませることが目的でしょうか。
ボリュームのある野菜天は、それを適度に崩しながらそばと絡めてすすっていくと、口の中でも調和して見事な満足感が得られます。

甘辛のげそ丼は、これまたご飯と一緒に食べることで味わいが増します。
プリプリしたげその周りについたご飯の食感がたまりません。

かけそばの上にげそ天だけをのっけるのも楽しそうですね。
ここであと何回食べられるのでしょうか。

自ら名のることを許された、まさに“岩見沢名物”、なくなるのが本当に惜しい。
DSC_3244.jpg

札幌駅7・8番線

【弁菜亭 立ち食いそば処(札幌駅立売商会)】
きつねそば400円。

久しぶりの「弁菜亭」、今日はきつねそばを注文します。
注文すると、いつものように箱麺を手際良く湯がいて出してくれます。
DSC_3200.jpg

おなじみの丼に、大きな揚げが2枚。
見た目としては地味かもしれませんが、この適度に甘辛く煮つけてある揚げで楽しむことができます。

まずは揚げを一かじり二かじりしながら、口に広がった甘い出汁でそばを一すすり二すすり。
後半甘くなってきた汁にそばをもう一度ひたして、豪快にすすります。

具ものは常にそうですが、最初と最後で大きく味が変わります。
それを楽しめるメニューではないでしょうか。

基本的に外派なのでカウンターで食べますが、寒い北海道では真ん中の立食スペースが非常にありがたいです。
DSC_3204.jpg

仙台駅2階コンコース

立ちそば処 杜
唐揚げそば360円。食券制。

このブログで何度も取り上げている、仙台駅「杜」の唐揚げそば。
前の日に呑みすぎても、その時にお腹がいっぱいでも、ついつい行ってしまうのですが、今年の秋頃から唐揚げに大きな変化が見られました。

それは、唐揚げが大きくなり、しかも数はそのままに。時には3つのっていることすらあります。
DSC_3187.jpg

初めて食べた時の写真と見比べてみると、以前も確かに大きかったのですが、今回は丼から飛び出る勢いの大きさ。
いや、あきらかに飛び出しています。

衣も以前より、外側がパリッとして、以前より美味しくなったように思います。
このサイズで2つはさすがに厳しいです。1つを基本として、追加オーダーできるようにしてもらえないでしょうか。
と、アンケートには書いてきました。
今後どうなるでしょうか。

こちらはコンコース側の入り口、常に人目を惹くようなレイアウトになっています。
DSC_3192.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。