FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長万部駅前

【そばの合田】
折詰もりそば600円。

長万部といえば現在は立ち食いそばがなく、大体の方が「かなや」のかにめしを買っていると思いますが、実は長万部にはそばの駅弁があります。

駅を出るとすぐ左手に、“長万部名物 折詰そば”の文字が見られます。
ここは普通に食堂でそばを食べることができるのですが、折詰のそばも売っているのです。
列車の発車時刻に合わせて予約し、直前に取りに行くといいでしょう。
NEC_0913.jpg

折詰の外観はこんな感じ、賞味期限はたったの5時間です。
NEC_0915.jpg

開けてみるとこんな感じ、そば・ねぎ・そばつゆ・のり・唐がらし・わさび・うずらの卵・みかんが入っています。
のりの袋には“浅草のり”と丁寧に書かれています。
缶詰のみかんが入っているのが、なんか関西チックですね。
NEC_0916.jpg

注意書きがついてきます。
そばつゆをかけて食べてもいいのですね。
NEC_0917.jpg

すべてをセットするとこんな感じになります。
うずらの卵を車内で割るのは結構難しいので、手ふきを自分で用意した方がいいでしょう。
NEC_0919.jpg

そばは茹であげということを考えるとしっかりしています。
味がしっかりしていて美味しいそばです。
ちょっと量が少ない気がしますが、このくらいが妥当なのでしょうか。
ただし水を切っている分くっつきやすいので、時間をきっちりと指定してすぐに食べるか、つゆを直接かけた方が食べやすいでしょう。
個人的には缶詰みかんをどのタイミングで食べるかが、毎回の課題です。

最後につゆは、水で割って飲みます。水で割ってもちょうどいい味と量なのですが、粉わさびを入れすぎてしまうと辛くてむせてしまうので要注意ですね。
そば湯がついたら嬉しいと思うのですが、それはわがままでしょうか。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。