スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田空港 第1ターミナル1階16番ゲート

第8 BAY SAIDE CAFE
かき揚げうどん660円。

札幌に帰るためにJALの飛行機に搭乗しようと登場口に向かって歩いていく途中で、うどんの幟を見つけました。
さっそくおすすめらしき“かき揚げうどん”を注文すると、しばらく経ってから出てきました。
DSC_3543.jpg

いかにも空港らしい器に入って、かき揚げうどんが出てきました。
まずは汁をすすってみると、昆布だしが基本になっていますが、若干濃いめの味つけです。
うどんは、やや柔らかめですが、それなりにコシはしっかりとしています。
かき揚げは、えび・玉ねぎ・にんじんという基本的なもの。
定番と言えば定番の、安心できる内容です。

本来は、焙煎コーヒーとクロワッサンにこだわりのあるカフェのようです。
個人的には、もう少しうどんメニューの充実をお願いしたいのですが。

カフェらしく、空港を見ながら食事ができます。天気が良ければ、写真のように富士山を眺めながらも。
DSC_3550.jpg
スポンサーサイト

京都駅2・3番線

【麺家 京都 上がも(ジェイアール西日本フードサービスネット)】
梅こんぶうどん350円。食券制。

京都駅の東海道線ホーム。
路線の上り•下りに合わせて、それぞれ“上がも”“下がも”となっているのが、上手なネーミングですね。
今回は滋賀方面に向かうので、上りの「上がも」になります。

新春らしく?梅こんぶうどんにしました。
DSC_3468.jpg

梅とこんぶに、かまぼこと九条ネギ、ずいぶんと賑やかな見た目です。
昆布を麺に絡ませつつ、一部はつゆに溶かし、と味を変化させながら梅で口直し。

以前に食べた時より、麺に味があるような気がしたのですが、ポスターを見ると実際に変わったようです。
“国産小麦を使用した、しなやかさとねばりを重視した麺”となっていました。
つゆにも、国産そうだかつおが加わったようで、確かに関西独特のシンプルな昆布だしとは違っていました。
揚げ物がのったメニューだとどうなるか、次回は試してみたいと思います。

東海道線用なので、常に混んでいるホームにあります。このメニューだけで、グッと惹かれますね。
DSC_3473.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。