スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴橋駅西口

【西口うどん】
昆布うどん280円。食券制。

鶴橋駅西口は、JRと近鉄の供用になっています。
JRホームに「浪速そば」があったので、近鉄側にもないかなと思ったら、こちらのお店がありました。
店名が分からず、営業許可には「鶴橋駅デパート西口店」となっていたのですが、調べてみると「西口うどん」と呼ばれているようです。

券売機を見てみると、となりに「昆布うどん 大阪人の朝食、厳選されたとろろ昆布を使用」との張り紙があったので、思わずボタンを押してしまいました。
食券を渡して、おばちゃんに注文すると、箱麺を湯がき始めました。

湯がいたうどんにとろろ昆布をさっとのせて、つゆをかけまわして登場です。
201209230922000.jpg

水分を吸って広がった青い昆布の間から、白い麺が見えて見た目もきれいですね。
昆布とうどんを絡めながらすすると、まずは口中に昆布の味が広がり、その後に大阪らしい柔らかいうどんが飛び出してきます。
その味の変化がとっても楽しいですね。
ねぎも多めなので、口の中がさっぱりします。

だんだんうどんが減ってくると、何本か蕎麦が出てきました。
こういうところは御愛嬌でしょうか。

麺箱は漢字で「○一」と書かれています。調べてみましたが、どこかわかりませんでした。
昆布のだしが溶け込んだ、ちょっと味の濃いつゆを飲んで、気持ちよくおしまいにします。

いかにもガード下のお店。“大阪鶴橋冷麺はじめました”の文字があちこちに見られます。
201209230920000.jpg
スポンサーサイト

滝川駅前(スマイルビル)

【花いち食堂】
スペシャル肉とじそば450円。食券制。

滝川駅前にあるスマイルビル。以前来た時とお店の名前が変わっていたので、期待して入ってみました。
店の外のPOPなどは流用しているものもありますが、店内の雰囲気とメニュー構成を見ると、リニューアルではなく別のお店になったようです。

天ぷらや月見などの定番メニューの中に、肉とじそばの文字を見つけました。
お腹がすいていたので注文します。

少し時間が経ってから、袋麺を湯がき始めて、さらにしばらく経ってから肉とじそばが出てきました。
麺は大沢製麺のようです。
201209091443002.jpg

甘めに煮つけられた、少し大きめの肉と玉子が並んでいます。
玉子でとじている言うよりは、玉子もトッピングの1つになっているような感じです。
そしてこの玉子が、帯のように薄いのです。麺ときれいにからんで、すするのが楽しくなってます。
肉の食感と言い、こういう細かいところにまで丁寧に手をかけているから、出てくるまでに時間がかかったのですね。

つゆは肉から出る出汁を差し引いても甘めになっていますが、肉と玉子との一体感がかなりあって、するすると入っていきます。
具だくさんで美味しくて、満足度の高いメニューです。

基本メニューはすべて320円。空知の伝統的な形態は、ここにも残っています。
201209091452000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。