スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小倉駅7・8番線

【ぷらっとぴっと(北九州駅弁当)】
かしわうどん350円

4年前の秋に小倉は訪れているのですが、その時にはかしわうどんの存在を知りませんでした。
このことを知った時は、どれだけ悔しい思いをしたことでしょう。

ようやく念願のかしわうどんにご対面です。
店の看板は大きく「小倉名物かしわうどん」となっていますが、店の名前は「ぷらっとぴっと」のままのようですね。

迷わず、かしわうどんを注文します。生麺を湯がいてくれました。
201205031419000.jpg

九州独特の軟らかいうどんです。だから生麺なのでしょうか。
つゆをすすってみると、こんぶとかつおのだしが最初に感じられ、後から甘く味つけられたかしわの旨味が口の中で爆発するようです。
しっかりだしがきいていて、本当に美味しいですね。

麺をすすりながら、かしわの肉を口にすると、麺の味と甘い味つけがうまく混ぜられて、ますます食欲が増してきます。
あっという間にすべて食べてしまいました。

ショーケースに入っていた、200円のかしわおにぎりにも魅力を感じますね。
5枚綴りの回数券が1500円とのこと、地元にいたら必ず回数券を買います。

『クッキングパパ』に掲載された時とは外見が異なりますが、活気は変わりません。
のれんに書かれた“北九駅弁しあわせ食創り”という言葉に癒されます。
201205031431001.jpg
スポンサーサイト

広島駅2階新幹線コンコース

【酒肴旬菜 味庵(あじあん)ひろしま】
穴子うどん650円。

広島駅でようやく昼食です。
新幹線のホームで食べることも考えたのですが、コンコースを歩いていると“穴子うどん”の文字が気になりました。
迷わず店内に突入します。

お店は一杯飲み屋のようで、昼からお酒を呑むことができます。
穴子うどんと一緒にカップ酒も注文しました。
201205031250000.jpg

出てきたうどんは、大きめに切られた白焼きが3切れと蒲鉾がのっています。
白焼きは香ばしくあぶられているのですが、でもふわふわとした食感が残っています。
蒲鉾も香ばしいですね。

ちゃんと昆布でだしがとられているので、余計に穴子の味が引き立つようです。
つゆの中に穴子の旨味と香ばしさが溶け出してきて、後半は一気にうどんをすすってしまいました。

カウンターとテーブルのお店です。人は常に入っています。
201205031303000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。