スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼津駅3・4番線

桃中軒
天ぷらそば320円。

久しぶりの沼津駅です。
「桃中軒」を見てしまうと、どうしても桜えびを食べたくなります。
今回も天ぷらそばを注文しました。

勝又製麺の箱麺を湯がいて、その上に天ぷらとなるとが乗せられて出てきます。
201203291425000.jpg

以前は薄くて広い天ぷらだったと思うのですが、面積は少し小さくなったようです。
でもにんじん主体の天ぷらの中には、たっぷりのえびが入っています。
つゆに浸しておいても、すぐには崩れません。

独特の太めの麺に甘いつゆが合います。
たくさん入れられた分葱と一緒にそばをすすると、静岡県に来たなあと実感しますね。
つゆは甘いのですが、でも嫌みのない甘さだと思います。

いつも思うのですが、これでこの値段はお得ではないでしょうか。

昔ながらの開放型のお店のスタイルです。これからも静岡県東部で息の長い活躍をしてほしいですね。
201203291430000.jpg
スポンサーサイト

八王子駅改札内

【いろり庵きらく 八王子店(NRE)】
武蔵野もりうどん480円。食券制。

八王子駅で乗り換えます。2階に上がって見渡すと立ち食いのお店を発見しました。
普段通りそばを食べようと思ったのですが、“武蔵野うどん”の名前を見つけたので、そちらを注文してみました。
201203281306000.jpg

武蔵野うどんは初めて食べたのですが、麺自体は太くごつごつしています。
つるつるすすって喉ごしを楽しむと言うよりは、豪快に食べるという感じでしょうか。
うどんの色も若干褐色がかっているようです。

かつおだしの効いた甘めのつゆにつけて、もりもりと食べます。
調べてみると、昔からハレの日の食事だったようです。

関東圏でよく見られる、改札内のお店です。
201203281312000.jpg

池袋駅東口

【富士そば 池袋店
桜小えび天そば380円。食券制。

普段は駅そばを食べることが多く、一般の立ち食い店はなかなか行くことがありませんでした。
せっかく東京にいるので、「富士そば」に入ってみました。

季節のものということで、桜小えびに惹かれて、それを注文します。
201203281141000.jpg

見事な色の桜えびが入った天ぷらが出てきました。
天ぷらはさくさくに揚げられていて、歯ごたえの後に桜えびの味がしっかりとします。
この香ばしさもごちそうですね。

生麺に、しっかりと昆布とかつおでとられただしが合っていて、食べ応えのあるおそばです。
1日5万食を出しているからこそ、これだけの質が保てるんだなと実感しました。

東京各地で見られるおなじみの看板です。夜呑んだ後にも、引き込まれそうになりますね。
201203281149000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。