スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池袋駅中央通路

【お馴染 田舎そば(NRE)】
ご当地そば(田舎そば)480円。食券制。

サンシャイン方面に向かって中央通路を歩いて行くと、丸の内線改札近くに、東京ではお馴染のお店があります。
良く見ると入口が2か所にあり、挟んでお店があるような感じですね。

NRE系の店でもあり、券売機を見ても、見た事あるようなメニューばかりだったので、今回はご当地そばにしました。
箱麺とさっと湯がいて、出してくれます。
201111191721000.jpg

池袋のご当地って何かなって思いながら具を確かめると、山菜となめこがほとんどです。
そして隠れるように、半熟玉子が入っていますね。
なぜかはよくわかりません。

麺はやや太くて丸っこいので、山菜の酸っぱい味と合いますね。
鰹だしのつゆとの相性もいいようです。

麺箱は自社製麺とNREの2種類がありました。
自家製麺ということでいいのでしょうか。

丸の内線側はこのように入口が小さく、ひっそりとしているのですが、チェリーロード側には大きな入口があります。
201111191727000.jpg
スポンサーサイト

新宿駅南口改札内

【味彩(NRE)】
かき揚げそば360円。食券制。

中央線への乗り換えのために新宿へ。
いつも急いでいるからか、ここでおそばを食べた事がありませんでした。
見渡して、見つけたお店に入ってみました。

基本のかき揚げそばを頼むと、箱麺をさっと湯がいてくれます。
201111191213000.jpg

昼時で忙しいからか、店の親父さんが見切りで次々に麺を茹でていました。
人の回転もかなり速いですね。

さて、肝心のそばですが、そばの香りがする細目の麺です。
かき揚げは玉葱、人参などの基本的なものですが、衣に味がついてるのか、全体的に食べ応えがありますね。
すっきりしたつゆには後半はかき揚げのだしが加わり、つゆの味も変わるので、かき揚げの楽しみが感じられます。

特別な個性が感じられる訳ではないのですが、ボリュームもあり食べやすいそばでした。

南口横の、目立つ場所にお店があります。
201111191217000.jpg

JR上野駅改札外 中央口

【喜多そば 上野2号店(NRE)】
おでんそば400円。食券制。

上野駅に来ました。
ちょうど改札を出たばかりだったので、喜多そばへ。
以前は、ジェイアール宇都宮企画開発のグループだったと思うのですが、NREに統合されたのでしょうか。

何にしようか迷っていると「東北応援企画」のコピーがありました。
こういうのに弱いのです。
ということで、おでんそばを注文しました。
201111181542001.jpg

柳沢製麺の箱麺を出すと、さっと湯がいてくれます。
その上に、身が詰まってそうなおでんが1つ。
おでんは宮城県塩釜製造だそうです。

すすってみると、麺もつゆもあっさりとしています。
その代わり、上にのせる具で味が変わってくるのが、ここの楽しみなのです。

魚の味がしっかりとする、身の詰まったおでんを一かじりして、そばをすすります。
それを繰り返していくと、口の中には魚の味とそばの風味が広がっていくのです。

さらに何度も繰り返していくうちに、つゆの中にもおでんの出汁が溶けだしてきます。
練りものの楽しいところですね。
東北に想いを馳せつつ、あっという間に食べてしまいました。

池袋駅中央1改札

【そばうどん 爽亭(JTS)】
あったかみぞれそば390円。食券制。

呑みすぎた次の朝、やや重たい胃を持ってお店に入ると、「飲みすぎた次の日に」という魅力的なコピーがありました。
負けました。
ということで、あったかみぞれそばを注文します。昨日と同じように、箱麺をさっと湯がいてくれました。
201111180929000.jpg

温かいそばに、たっぷりの大根おろし、そしてしょうがが胃にやさしいですね。
ちくわ天も美味しいです。
お陰で、ちょっとめんが淡泊に感じるかもしれませんね。

できれば、ねぎたっぷりで、食べたいおそばです。

池袋駅中央1改札中

【そばうどん 爽亭(JTS)】
海老かき揚げ天そば420円。食券制。

池袋は最近立ち寄っていなかったので、立ち食いそば自体とっても久しぶりです。
コンコース内にないかなと、キョロキョロしていると、ありました。

早速食券を買い、海老かき揚げ天そばを注文します。
Suicaを使えなかったのには、ちょっとビックリしました。

興和物産と記された麺箱から、箱麺を出してさっと湯がいてくれます。
201111171711000.jpg

少し柔らかめですが、やや丸い断面の白いそばからは、そばの風味を感じます。
つゆは鰹だしで、少し醤油が強いので、そばとバランスがいいのかもしれません。

かき揚げの面積は小さいのですが、厚みがあります。
海老もプリプリしています。
ただ、ちょっと汁を吸うと崩れやすいので、後半はバラバラのかけらとそばを一緒に食べる感じでした。
個人的には、もう少しねぎが入っていればと思いますが、全体的には、バランスのとれた美味しいおそばではないでしょうか。

ちょうどコンコースの真ん中あたりにあります。厨房の親父さんが、なんとなく職人肌。
東京のJR系なのに、NREではなくJTSなのが珍しいですね。
201111171708000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。