スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩見沢駅前

【立喰 小もろそば】
げそ丼330円。

以前も紹介した岩見沢の「小もろ」、基本は麺類のお店ですが、「小もろ」と言えばと言っていいくらいの名物があります。
それがげそ丼。

げそ天をご飯にのせ、甘いタレでまとめたメニューです。
これがくせになってしまう味だったりするのです。
今回は肉そば(320円)とセットにしました。
200910121528000.jpg

げそ丼は、目の前で調理されるのではなく、厨房の奥からおばちゃんによって運ばれてきます。

やや柔らかめの衣に甘いタレがしみ込んでいます。
個人的には、タレがご飯のそこまで落ちきって、すべてのご飯にタレがまぶされた状態が好きですね。

モチッとしている、げそ天の食感と、甘いタレのからまったご飯は、あっという間に丼が空になるくらい食欲をそそるのです。
甘くなった口の中をそばつゆでさっぱりさせながら、ご飯をかき込みます。
食べ終わった時は、お腹だけではなく心も満たされたような気になるのです。

合わせて650円という価格。
部活帰りの高校生が多いのも納得ですね。
スポンサーサイト

滝川市栄町2丁目

【うどん・そば まるかつ】
天ぷらそば280円。

滝川市のお店巡り第2弾。駅を出てから国道12号線に向かうと、国道沿いに“うどん・そば”の看板が見えます。
店のガラス戸には“280円”の大きな文字も。

店の前に路上駐車している車が多いことからも、このお店が繁盛しているのがわかります。
カウンターに座ったら、天ぷらそばを注文します。
200910031428000.jpg

麺は大澤製麺。滝川市内のお店はほどんどが大澤製麺のようですね。
天ぷらは揚げ玉だけですが、それも結構スカスカになっています。輪切りにした玉ねぎのような形です。

つゆはややしょっぱいくらいですが、天ぷらがすぐにとけて甘味が出るとちょうど良いくらい。
ただし味が良くなるかわりに、つゆに油がはじけ飛んだように散らばってしまいますが。

周りの注文を見ていると、“天玉”などのように2つ以上具をのせている人が多いようです。
支払いの様子を聞くと、どうやら1つ20円で具をのせられるようですね。
今度は試してみようと思います。

ここは持ち帰りもあるようで、「めん、ねぎ、たれ、天ぷら(その他)付」で280円。
普通にお店で食べるのと変わりません。さらにそばたれも販売していました。
ただ安いだけの店ではなく、こういう形式のお店が滝川の人たちの生活に定着していることがわかります。
そばの量も、ねぎの量も、1回の食事として十分な量になっているのが嬉しいですね。

国道12号線沿い。“うどん・そば”の看板が目立ちます。
200910031507000.jpg

岩見沢駅前

【呑み処・喰い処 くまちゃん】
天ぷらそば300円。

以前紹介したお店の跡地に、4月から新しいお店ができたということで、ようやく行ってきました。
今度は呑み処・喰い処ということで、お昼はそばうどんカレー、夕方からはお酒とおつまみという雰囲気があります。

かつおの香りがただようお店に入って、天ぷらそばを注文します。
200910031205000.jpg

北海道ではよく見られる揚げ玉の天ぷらに、やや厚めに切られたねぎがのります。
最初につゆをすすってみると、かつおだしを強く感じるのですが、味つけは濃いめでしょっぱいくらいです。
ねぎと天ぷらをとかして食べていくと、ちょうどいいくらいの味になるので、そこまで考えているのでしょうか。
天ぷらを食べていると、小えびのカリッとした歯触りがあります。
ねぎに隠れていたのですが、揚げ玉の上にえびがのっていたのですね。

かけそばは270円で、それ以外のそばはすべて300円。
店の雰囲気もいいので、この路線で続けてほしいものです。

「こもろそば」の隣にあるが、こちらの方が店構えはおとなしい。
200910031211000.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。