スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌駅(地下街エスタ地下1階)

【立喰処 ちほく】
天ぷらそば460円。食券制。

札幌駅の地下鉄東豊線に向かう地下街の一角に、いつも芳ばしい香りがただよっている場所があります。
「ちほくそば」の名前で、古くから有名なお店です。
札幌駅地下街

食券を買うと、目の前ですぐに箱麺を湯がいてくれます。
そばは歯応えがもごもごした感じ、つゆはやや甘めでそれほど濃くはありません。
ただ、両方に共通する匂いが気になります。
天ぷらは玉ねぎ・にんじん・イカなどのかき揚げで、味はよく、厚みとボリュームも満足できるものです。
やや多めのねぎがよいアクセントですね。

「ちほくそば」という名前の店は、かつて札幌駅の別の場所にもあった気がしますが記憶違いでしょうか。

東豊線からエスカレーターに乗ってくると、ちょうど正面にある気になるお店です。
スポンサーサイト

地下鉄西11丁目駅地下

【立喰そばよし屋】
てんぷらそば400円。

地下鉄東西線は、意外にも立ち食いそばの宝庫です。
特に西11丁目駅近辺は、普通のおそば屋さんも多いのですが、駅から地上に出ようとすると、まず目につくのがこのお店です。

いつものようにてんぷらそばを頼んでみました。
地下鉄西11丁目駅地下


まず驚いたのは、生麺を茹でるということ。タキモトフーズの麺は、生麺なのでやや時間がかかりますが、それだけで期待してしまいます。
天ぷらはやや海老が大きいものの、北海道標準の揚げ玉だけです。それを若干正油味が濃いつゆに溶かしてみるとちょうどいいですね。それを見越して、つゆの甘みを抑えているのかもしれません。
そして、やや多めのねぎがアクセントです。

ちなみに、冷たいそばには蕎麦湯がつくそうです。こちらも次回は試してみたいと思いました。
また、生麺なので、お昼は多少時間がかかることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

店構えとのれんが、良い雰囲気を出しており、お昼時はつい入ってしまいたくなります。
地下鉄西11丁目地下
店舗撮影2008/11/28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。