スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小倉駅7・8番線

【ぷらっとぴっと(北九州駅弁当)】
かしわうどん350円

4年前の秋に小倉は訪れているのですが、その時にはかしわうどんの存在を知りませんでした。
このことを知った時は、どれだけ悔しい思いをしたことでしょう。

ようやく念願のかしわうどんにご対面です。
店の看板は大きく「小倉名物かしわうどん」となっていますが、店の名前は「ぷらっとぴっと」のままのようですね。

迷わず、かしわうどんを注文します。生麺を湯がいてくれました。
201205031419000.jpg

九州独特の軟らかいうどんです。だから生麺なのでしょうか。
つゆをすすってみると、こんぶとかつおのだしが最初に感じられ、後から甘く味つけられたかしわの旨味が口の中で爆発するようです。
しっかりだしがきいていて、本当に美味しいですね。

麺をすすりながら、かしわの肉を口にすると、麺の味と甘い味つけがうまく混ぜられて、ますます食欲が増してきます。
あっという間にすべて食べてしまいました。

ショーケースに入っていた、200円のかしわおにぎりにも魅力を感じますね。
5枚綴りの回数券が1500円とのこと、地元にいたら必ず回数券を買います。

『クッキングパパ』に掲載された時とは外見が異なりますが、活気は変わりません。
のれんに書かれた“北九駅弁しあわせ食創り”という言葉に癒されます。
201205031431001.jpg
スポンサーサイト

大分駅1番線

【梅乃家うどん店】
かしわうどん350円。

久しぶりに大分に来たので、楽しみは梅乃家のうどん。
この独特のだしの風味が楽しみです。

今回はかしわうどんを注文します。
冷凍麺を目の前で茹でて、鶏をどーんとのせて出してくれます。
NEC_0670.jpg

独特の昆布ダシと、甘い鶏がいい感じに調和します。それだけでどんどんお腹に入っていく感じでしょうか。
柔らかい麺も、慣れるとこれはこれでいいものです。
西日本のうどんなので天かすを自由にのせることができますが、のせると味が変わるので2度楽しむことができます。
うどんがいかに定着しているかが、よくわかります。

1番線のホームに、横長のお店があります。高架化が完成した暁には、どうなるのか気になります。
NEC_0672.jpg

小倉駅3階コンコース

玄海小倉うどん店(ジェイアール九州フードサービス)】
玄海うどん520円。

小倉駅2軒目はコンコースまで上がって、以前来た時に気になっていた「玄界うどん」に入りました。
看板メニュー?の玄海うどんを注文します。
小倉駅構内跨線橋

肉・玉子・きつねの3つがのっているのが玄海うどんの特徴のようで、それぞれがかなり甘く味つけされているので、つゆもとにかく甘く感じます。
玉子をからめて食べるとちょうどいい感じで、独特の柔らかい麺の方がそれぞれと合って美味しいように思います。固い麺だったら、麺だけが自己主張して味がバラバラになってしまうのではないでしょうか。
これだけ具がのっていると、ねぎはあんまりなくてもいいかもしれません。

ごぼう天うどんと迷ったのですが、この店のおすすめを注文しました。
小倉駅では店ごとに独自の一押しメニューを決めているようですね。

小倉駅3・4番線

【ステーショングリル 立ち食い うどん そば(ジェイアール九州フードサービス)】
えび天うどん400円。

小倉駅は旅情があります。博多うどんがあるくらいなので、小倉もうどんを期待してホームのお店に入ります。
えび天うどんを注文すると、冷凍麺を出して湯がいてくれます。
小倉駅3・4番線

見慣れない色のつゆをすすってみると、薄味ですがうどんと合っていて美味しいです。
おばちゃんに話を聞いてみると、だしは鰹節といりこを使っているとのことでした。
天ぷらは、北海道でおなじみの揚げ玉に多少大きめのカリカリのえび、揚げ玉はだしに溶かした瞬間にはじけてしまいます。
ねぎも、白い部分と万能ねぎを混ぜていて風味も歯ごたえもおもしろいですね。

いかにも九州のうどんという柔らかくゆるゆるのうどんと、大量のわかめの取り合わせが癖になりそうです。
1つ100円で具をさらにのせていくことができるので、色々と楽しめそうですね。

大分駅1番線

【梅乃家】
ごまだしうどん380円。

はるばると大分まで来ました。1番線ホームにあった味のある店舗を覗いてみると、各メニューの他にごまだしうどんの文字があります。
県内佐伯市名物のごまだし、食べてみるしかないと早速注文します。
大分駅1番線

めんはかなりゆるゆるなのですが、こちらでは普通なのでしょうか、違和感は感じません。そして、つゆをすすってみると、ごまと魚のだし(エソ?)の相性が良く、するするといくらでも食べられます。
ねぎは普通ですが、天かすのトッピングが自由だというところが、西日本のうどんらしい。

地元の名物ということで、いつもの天ぷらをやめてこちらにしましたが、ごまだしとの相性がよく美味しかったです。
また訪れた時に食べてみたい味でした。

1番線のホームに面してお店があります。
NEC_0673.jpg
店舗撮影2010/06/19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。