スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台駅2階コンコース

立ちそば処 杜
あまから肉そば370円。食券制。

前日が1階の「萩」だったので、今回はおなじみのこちらに。
いつもの鶏から揚げそばでも良かったのですが、こちらはもう少しお腹が減った時の楽しみにします。

あまから肉そばを頼み、番号が呼ばれるのを待ちます。
こちら側のお店からだと、豪快にそばを茹でるところが見られないのが残念です。
DSC_3317.jpg

独特の甘い味つけの肉を一掴みし、そばと一緒にすすります。
脂の甘味とそばの味、そしてそばに絡んだつゆの味が一つにまとまり、適度なボリューム感もあって美味さが膨らみます。
1枚乗ったかまぼこが、適度な箸休めになって、味覚もリセットされます。

すっきりと上品なそばつゆに、脂の味が加わるだけで、これほど食べ応えが増すということを実感させてくれるメニューです。
そして、そばと肉がいかに合うかということも。

行くたびに、必ずディスプレイなどが変わっています。季節商品の開発も本当に熱心です。
DSC_3319.jpg
スポンサーサイト

仙台駅1階

【そば・うどん萩(JR東日本東北総合サービス)】
萩のそば430円。食券制。

仙台駅と言えば、ついついおなじみの「杜」へ行ってしまうのですが、駅ビル「Dila仙台」1階のこちらも、以前より気になっていました。
こじゃれた外見のお店に入り、期待しつつ萩のそばを注文すると、「日本食堂」の文字が入った麺箱から箱麺を出してさっと湯がいてくれます。
DSC_3296.jpg

中身を見るとずいぶんと具だくさんで、めかぶ、たっぷりのきのこ、玉子、揚げかまぼこ2つ、ねぎとなっています。
揚げかまぼこは、見本のほど大きくはありませんが、それでも結構なボリュームです。
店名のおそばを一番豪華な内容にするパターンでしょうか。

具の多さに、一口一口色々な具と合わせながら食べていきます。
ゆっくり食べていると、それぞれの味が混ざってきて複雑な味になってくるのが面白いですね。

「杜」をライバルとして意識しているのか、メニューに“鶏唐揚そば”もあるようです。
そちらは次回の宿題にしておきます。

隣のおにぎり屋さんの「てまり」からテイクアウトができるそうです。
DSC_3287.jpg

仙台駅2階コンコース

立ちそば処 杜
唐揚げそば360円。食券制。

このブログで何度も取り上げている、仙台駅「杜」の唐揚げそば。
前の日に呑みすぎても、その時にお腹がいっぱいでも、ついつい行ってしまうのですが、今年の秋頃から唐揚げに大きな変化が見られました。

それは、唐揚げが大きくなり、しかも数はそのままに。時には3つのっていることすらあります。
DSC_3187.jpg

初めて食べた時の写真と見比べてみると、以前も確かに大きかったのですが、今回は丼から飛び出る勢いの大きさ。
いや、あきらかに飛び出しています。

衣も以前より、外側がパリッとして、以前より美味しくなったように思います。
このサイズで2つはさすがに厳しいです。1つを基本として、追加オーダーできるようにしてもらえないでしょうか。
と、アンケートには書いてきました。
今後どうなるでしょうか。

こちらはコンコース側の入り口、常に人目を惹くようなレイアウトになっています。
DSC_3192.jpg

仙台駅2階コンコース

立ちそば処 杜
甘辛肉素揚げ茄子冷やしそば450円。食券制。

このBlogでは最も登場回数が多いかもしれない、仙台駅の「杜」。基本的に美味しく、鶏から揚げそばだけでも十分満足なのですが、さらに季節ごとに美味しそうなメニューが増えているのが魅力です。
今回は改札内ではなく、改札右手にある外側の入り口から入りました。

ずいぶんと長いメニューが目に入ったので、それにしました。
名前からしても、茄子と甘辛肉は相性が良さそうです。
DSC_2442.jpg

立ち食いそばにしては、見た目が上品です。
まず茄子を口にほうばり、その後甘辛肉とそばを一緒に咀嚼すると、3つの味が複雑に混じりあい、一気に食欲増進です。
茄子の甘みと肉の甘み、そしてそばの味、こんなに相性が良いとは思いませんでした。
あっという間に器が空です。

駅弁屋さんの「こばやし」が経営するお店だと、つい最近知りました。Webを見ると、人気Best3に鶏から揚げそばが入っていないのが、不思議です。
DSC_2448.jpg

弘前駅構内

【そば処こぎん(NRE)】
幻の津軽(かけ)そば440円。食券制。

何度も来るたびにずっと気になっていた、幻の津軽そば。
今回はようやく注文をしました。

食券を渡して、イスに座るとすぐに出てきました。茹でる前の状態を確認する暇がありませんでした。
DSC_2334.jpg

アキモト製麺の、「幻の」と銘打った津軽そばは、本来はつなぎに大豆の呉汁を使い、その生地を半日ほど寝かして、熟成させてからそばを打つのが特徴です。

見た目はのびた素麺のようですが、通常のコシがあるそばと違い、箸で持ち上げるとプチプチと切れ、噛むと言うよりは口ですり潰すという感じです。
勢いよく啜ることもなく、切れないように気をつけて持ち上げながら、口に入れるとそのまま胃の中に落ちていくという感じでした。

でも、身体には優しそうなそばだと思います。

おなじみのいさぎの良い暖簾。貼ってある映画のポスターがいかにも弘前です。
DSC_2341.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。